タフになりたくて…~おやじのランニング日記~

タフになりたいと走り始めて3年半、これからも色々とチャレンジしていきたいと思っています。

シルバーウィークの走り込み&嫁 久々ラン

f:id:peppei:20150919225101j:plain

 仕事の関係で、神戸マラソンの折り返し地点、舞子駅周辺近くまで来たので、少し立ち寄りました。連休初日ということで、釣り人がたくさんいて、すごく楽しそうで良い雰囲気だなぁと思いました。

 明石海峡大橋のたもとにある、重要文化財 孫文記念館~移情閣~を橋の一部を背景に撮影。

 

f:id:peppei:20150919225810j:plain

 すすきと移情閣

 移情閣の裏側まで歩いていくと、秋らしい風景がありました。

 

f:id:peppei:20150919215341j:plain

 本日は、シルバーウィーク初日であります。いよいよ本格的なマラソンシーズンに入っていきます。私としては、フル第1戦、大阪マラソンへの走り込み強化として今朝ハーフマラソンの距離を走りました。連日のバーベルトレで太ももの裏が危なげに悲鳴をあげている状態でしたが、キロ平均5分で走ることが出来ました。このままのペースで42kmを走り切れば3時間30分ジャストです。平均ペースといってもスタートしてからのロスタイムの消化や、コース上の地形による上りや下りもあれば、給水でのロスや、接触・転倒・腹痛等の急なアクシデントも含んでの平均なのでその最終的な帳尻合わせが非常に難しいと思います。もっと大きく言えば、レースに向けた練習過程で故障や怪我をせず、風邪等の病気もせずにレース当日のスタートラインに立つこと自体が大変なことだと思います。

 例えばトップアスリート等には、放っておけばどんどん極限まで自分を追いつめていく選手がいるそうですが、それを故障させないように止める役割を果たすのが監督やコーチであるみたいですね。市民ランナーには監督やコーチがつかずに独自でやっている方が多いので、追い込むのも歯止めをかけるのも最終的には自分なので、その見極めが大切だと思います。どこかのランニングウォッチメーカーのセリフで「自分を計れ」とありましたが、自分をよく知って、よく管理しろということなのでしょうかね。と能書きをたれた私も、今自分が練習メニューをどうするべきか、迷い中です。

 

f:id:peppei:20150919224849j:plain

 足踏み状態であった嫁のダイエットランの再開です。色々とあり、2週間以上あきました。その割には、8kmランをキロ平均6分48秒と、まずまずの走りでした。その理由は多分、走る練習は出来なくても、体幹トレだけは私と同じメニューを同じ回数やっていたからかもしれません。記録も体重も現状維持しています。

 加古川マラソンをとりあえず走る予定としています。加古川マラソンは制限時間が5時間半ということで結構厳しいので、頑張っていこうと思います。

 さきほどの話でも出ましたが、自分ひとりを管理するだけでも難しいのに、それ以上の人の管理までとなってくるともっと大変です。たくさんの選手を指導・教育・管理をしている監督やコーチの方々は、本当に大変であると思います。

 

 本日のナイトトレーニングは、体幹トレのみ。ハムストリングが疲労を超えて痛みに近くなってきているのでバーベルトレはお休み。

 

 

ランキングアップの為の↓応援クリック↓よろしくお願いします!

 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ