タフになりたくて…~おやじのランニング日記~

タフになりたいと走り始めて3年半、これからも色々とチャレンジしていきたいと思っています。

早朝 防波堤ラン13km&月間走行距離300km達成!

f:id:peppei:20150731133103p:plain

本日、7月の最終日となりました。いつもの平均12km走に1kmプラスして、何とかギリギリ月間走行距離300kmジャストとなりました。時計が1つしかないので2日間だけ嫁ラン15kmが含まれています。

月間走行距離:300km 体幹トレ総日数:17日間 ジム:2回

体重増減:増59.6kg 減55.6kg

 

f:id:peppei:20150731123522j:plain

 日差しがきついので今年の2月に開催された「舞洲チャレンジ!走魂RUN!2015ファーストシーズン」の参加賞だったスワンズのサングラスをかけて走りました。

 このスワンズというメーカーは大阪の小さな町工場で「山本メガネレンズ製作所」として創業されて、スワン印水中眼鏡を全国販売し、その後世界初の本格的な曇り止め機能を持つスキーゴーグルやブランド初のモトクロスゴーグル、曇り止め機能付きのスイミングゴーグル、世界中のトライアスリートからも支持されています。日本発のサングラス「ナンバー330」、1955年公開の映画「太陽の季節」で石原裕次郎氏が着用し、一大ブームとなったり、バルセロナオリンピックで銀メダルを獲得した有森裕子さんが「ガルウィング」を着用した。その後2004年には「e-nox a」を着用した野口みずき選手がアテネ五輪で金メダルを獲得したなど、スワンズの名は世界中にも広く知れわたっています。日本メーカーが作った日本製のサングラスなので日本人の顔型にこの上なくマッチするということで有名みたいです。

 私もこのサングラスを気に入って使っています。いろいろマラソン大会がありますが、参加賞といえばTシャツが多い中、サングラスが参加賞というのは珍しいのではと思います。

 

f:id:peppei:20150731132834j:plain

 本日の練習では、炭酸飲料があったので何も考えずそれを給水にしました。最初の給水をしようとキャップをひねった瞬間にすごい勢いで噴射しました。まぁ、よく考えれば当たり前ですね。ふたを開けたままにして少し炭酸が抜けた状態にしたので2回目以降は大丈夫でしたが、やっぱり給水はスポーツドリンクか清涼飲料水があっていると思います。完全に走り終わった後の炭酸飲料はとても美味しいのですが、走っている途中の炭酸は落ち着いて飲めないので何か違うような気がしました。

 

f:id:peppei:20150731212818j:plain

 本日の晩御飯は、クックパッドでつくれぽ7000件以上のすごく人気のあるメニュー「牛丼~吉野家風~☆」です。

 昔から吉野家の牛丼が好きだったので、定期的に無性に食べたくなります。そういうときにはこのメニューがもってこいですね。

 野菜サラダには、レタスの上に少し前にブームとなったブロッコリーの新芽「ブロッコリースプラウト」と、玉ねぎスライスをのせています。

 私が調べたところ、ブロッコリースプラウトは、老化の原因である活性酸素を取り除いてくれる「抗酸化作用」が強く、発がん性物質を無毒化して体外へ排出し、新陳代謝アップ、弱った肝臓に効く成分「スルフォラファン」が含まれるなど、凄い効果があるので、こういう体にいいものはバリバリ食べるようにしています。

 と、もう1種類の玉ねぎスライスですが、玉ねぎスライスを水にさらさずに食べています。血液サラサラ効果があるので続けています。

 そのままでは少し辛みがあるので、コショウを振ってマヨネーズやドレッシングをかければ美味しくて食べやすくなると思います。

 そこにレモンを絞ればなおさら良いと思います。レモンにはクエン酸が多く含まれており、このクエン酸には疲労物質である乳酸を分解する働きがあります。なのでランナーにはもってこいなのです。

 私は、ランニング後に飲むアクエリアスにレモンがある時は摂るようにしています。レモンは飾りだけではなくガンガン絞って摂るように心掛けています。

  また、仕事関係の方々との懇親会の際に教えてもらったことがあります。悪酔いしない方法として、日本酒(冷酒)の中に切ったレモンをそのまま入れて呑むと良いらしいです。でもこれはまだ実行していません。なぜなら、その時も今も痛風対策として日本酒は呑まないようにしているからです。というのも、痛風発作ギリギリのところで救われて食の改善を行っているからです。でも、お寿司とおでんと鍋の時だけは1合だけ呑みます。先にビールを呑むので日本酒にたどり着くころにはいつも酔っているのでレモンを入れることを忘れてしまっています。次は忘れないように実行しようと思います。

 ちなみに、うちの三女は、酸っぱさに鈍感なのか、レモンをそのまま食べれます。想像しただけで唾が出てきました。

 

↓応援クリック↓よろしくお願いします。